◆色の効果◆  生年月日を教えて下さると、「ラッキーカラー」でおきよめ岩塩ストラップをおつくりします
*
 *
オレンジは「太陽と社交の象徴」。ハートのチャクラを元気にする働きがあります。赤の熱意と、黄色の軽快さを併せ持ち、快活、陽気、楽しさ、温もり、積極性を表します。
 
この色が好きな人は、笑顔がチャームポイント。人を楽しくさせることができます。”笑顔”をもってその能力を伸ばしましょう。できるだけ、人が多く集まるところへ顔を出すとよいでしょう。

オレンジを身につけると、明るく温かい気持ちで人と接したくなり、周囲までも明るくさせます。つまり、コミュニケーションに最適で、楽しい雰囲気と会話を引き出してくれます。合コン・パーティーなど、人が集まる場所で場を盛り上げるならオレンジです。

 
 *
緑は「自然の象徴」。四緑木星の色で心のチャクラを元気にします。安らぎ、安心感、疲れを癒し、心を落ち着かせるリラックス働きがあります。

精神的に疲れたとき、体の疲れが溜まったときは観葉植物や緑を身の回りに置くといいでしょう。筋肉の緊張をやわらげたり、心を落ち着かせる作用があります。緑色の服を着た人からは若々しい人、フレッシュな雰囲気が漂います。
 
また、緑が好きな人は、心を乱されたくない心理、バランスを保ちたいとう心理があり、平和や自然の尊重、心の平安、やさしさなど自然で豊かな心が養われていきます。


 *
青は「知性の象徴」。三碧木星の色で、喉のチャクラを元気にします。水、空、海を想わせる青は、心を無にして冷静に落ち着かせる働きがあります。

悩み・不安・迷った時、決断力が欲しい時、冷静になりたい時などには、青が力を発揮してくれます。明るい青には解放感、希望、積極性的な働きがあり、濃紺・深い青には、静寂、浄化、集中、落ち込み、悲しみ、メランコリーなど、より内面に向かう性質があります。また、心に秘めている思考や、口に出せなかったことを表現する力も後押ししてくれます。


 *
ピンクは「恋愛と幸福の象徴」。ハートのチャクラを元気にします。愛、幸福感、やすらぎ・ リラックス、健康を表し、心を豊かにする働きがあります。この色を身に付けると、着ている人も、接する人も優しい気持ちになれます。
 
「女性ホルモン」の分泌を促し、内分泌系を元気にして「若返り効果」が期待できます。身の回りにピンクを置いて楽しむことは、若返るだけでなく、幸福感にもつながります。新しい出会いを求めたいときや、 恋愛関係を順調にしたいときに身に付けるといいでしょう。


 *
黄色は「光の象徴」。五黄土星の色で、胸~腹部のチャクラを元気にします。喜び、明るさ、明朗、愉快を表す黄色は、生命の躍動感、上昇志向、希望、やる気、満足など前向きの期待感をイメージさせる働きがあり、気分を盛り上げてくれます。

また、回りの環境に順応したり、友達と仲良くなりたい人には役に立つカラーです。目立つ色なので、アピール力があり元気なイメージを伝えます。

脳の働きを刺激して、意欲や向上心、集中力を高めてくれます。注意を出すとき、「イエローカード」が使われるのも、このような理由からです。
 
また、この色は黄金を象徴する色とされています。黄金の輝きは最高のエネルギーで、同質のエネルギーは、同質のエネルギーを引き寄せる」という法則・格言になぞらえ、金運・財運の色とされています。リッチになりたい人はこの色です。お財布もこの色です。


 *
茶色は「土・大地の象徴」。万物を生成する五黄土星、二黒土星の色です。生命を育む母なる大地を意味し、どっしりとした安定と安心感をもたせる働きがあります。
 
正直で誠実な性格をあらわし、「信頼できる人間、落着いた人間」というイメージを与えます。人間性を信頼されたい時に活用すると効果的。この色を身に付けていると、落ち着いて堂々と振舞うようになります。


 *
 白は「光そのもの」の色。一白水星の色です。すべての光を返してくれる色、浄化の色、全ての色を含んだ色です。純粋・清潔、潔癖、 無邪気など、敬意と憧れを表し王冠のチャクラを元気にします。
白はピュアではなく、いろんな思いや感情を含んだ高次の色で、どこにも偏りのない無限の色です。

 *
黒は「強力な規律と権威の象徴」。二黒土星、五黄土星の色です。すべての色の波長を吸収するため、色を全て混ぜ合わせると黒になります。つまり、すべての意味合いを含んでいます。喜びや悲しみを乗り越え自己内面に向き合う時にも黒が用いられます。集中の色でもあります。

黒は外界との接触を断とうとしている場合が多く、周りの人は近寄り難いイメージを受けますし、最も強力な邪気よけとも言われています。

 
 *
紫は「高貴の象徴」。九紫火星の色で、インスピレーションと直観力、感性をあらわします。高次の神秘的な色で、判断に困ったときなど、ヒントや閃きが欲しい時などにも利用したい色です。

また、癒しの力、直感的な表現力、想像力を豊かにする効果があります。高次の世界と繋がりたい方にもよき作用をもたらしてくれます。


 *
赤は「火・情熱の象徴」。最もエネルギーの強い色で、生命の高揚感をイメージさせる色です。元気になりたいとき、ポジティブになりたいとき、気持ちを高ぶらせたいとき等にパワーをくれる働きがあります。何か新しいことに「チャレンジ」するとき、手助けになります。
 
但し、エネルギッシュな人には逆効果になることがあります。赤が好きな人は、つねに自信を持った状態でいるのがいいでしょう。明るく元気でいることが長所で、それが自分らしさです。




Google+
#おきよめや
#あなたとパワーストーンのマッチング(おきよめや)